スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いつき、思いやり

中尊寺行ってきましたよ、とか
旅先で良い出会いがありましたよ
的な話は残っているのですが
すごいな、と思った事を一つ、二つ。

日常生活の中で人と接することは必須。
ほんの少し言葉や声の調子をを変えてみたり
たったそれだけで受け取る雰囲気は異なります。
過去のあの場面で、あと少しもう少し
彼我の距離を縮めることが出来れば
ああなっていた、こうなっていたと思い返します。
立ち位置を相手側にわずかだけ寄せれば
あの事態は回避できたのでは、と
心身ともに疲労してから気が付きます。

相手の事を思いやる事や
相手をいたわれる言動が取れる事
自分にはもっと必要だなと考えてしまいました。

なので、こちらを見た時は考えました。
 うまいスプーン 
かつて、先割れスプーン問題がありました。
まだ小学生位の事だった?と記憶していますが
このスプーンのせいでお箸の使えない子供が増えた
と、批判され学校給食から撤廃されたはずです。

お箸の使い方は家で叩き込まれるのでは?
と当時祖母に質問したように思います。

家庭での情操教育やしつけの一切を
学校教育に押し付けて放言するような
怪物くん達はその頃から存在していたのでしょう。

幼児や身体に障害をもつ方にも
簡単に食事ができるような工夫は大切だと思います。
後は使い手側である
各家庭、各個人の話になるはずです。

これは誰かを思いやった思い付きです。
もしくは、思いやりからの思い付きです。

ちょっと方向がずれるとこんな風にもなります。

変な固定観念や思い込みがあったりすると
なかなか思いつきません。
人とのやり取りを大切にして
出来るだけ物事を吸収していきたいなと考えた
今日この頃の独り言でした。
スポンサーサイト

あとちょっとGW

朗報ですね。
「平泉」「小笠原諸島」が世界遺産登録へ

今年はこの「平泉」に行ってきました。
数年前に訪れた時は、観光バスが鈴なりで
臆して素通りしてしまったくらいでしたが
非常時ですので、そんなに観光客はいませんでした。

事故渋滞、自然渋滞と高速は往復混雑し
片道5時間半位と少し時間は取られました。
中越地震と同様に、高速は路面状況ががひどかったです。
とんでもない段差があったり
補修した箇所、亀裂のままの箇所
路側帯は一部陥没したままもありました。

津波被害をうけた沿岸部と異なり
内陸部はほぼ日常が戻っているようでした。

目的地が何か所かありましたが
最初に訪れたのは「牛の博物館」。

付属の売店でお土産を買うつもりでした。
買って帰るつもりが、売店がない
ちょっとした小物は販売していました
ほんとのお土産的な物だけ・・・
そこは肉だろ牛肉だろッと思いつつ
受付の方から前沢牛ガイドブックを頂戴して
せっかくなので展示場にも入ってみました。

先入観無く見学してみると結構いいかもしれません。
名産前沢牛だけでなく、民俗学的な内容もあり
興味のある方や畜産家は満足するのでは。
牛の博物館01

ただ、これはエグイなと思ってしまいましたが。
牛の博物館02

あと、こちらでおススメなのは、眺望です。
二階テラスや庭からの眺めは素晴らしいです。
こちらは是非ご自身でご覧になってください。

3日火曜日にお邪魔したのでGWイベントとして
「生クリームからバター作り」を行っていました。
ただ、家族連れやカップルの中に混じって
疲れ気味の34歳男子単品は居づらく
時間の関係もあり参加は見送りました。

幸いなことに、係員さんにも参加を促されることなく
もしかして誰にも見えていなかった?
いや、それとも・・・
気を遣っていただきました

まだまだGW

今年は天候も良くて
平常ならかなり盛り上がったはずのGW。
例年、田植えをちょこっと手伝って終わりでしたが
昨年同様に、一応、満喫してみました。

計画的に出掛ける事が皆無なので
今回も思い付きでした。
昨年は、転勤やら何やらがあり
気分転換を兼ねて出雲大社に参拝に上がりました。
遠かったです。
遠出は慣れているので
少しくらいは苦にならない耐性はあったのですが
あれはきつかった。

途中、大阪で友人を拉致して付き合わせましたが
「明日ヒマ?」で同行してくれる彼には
率直に感謝しました。
学生時代から同じようなパターンで出掛ける事もあり
特段奇異に感じないのでしょうけど。

あの旅路は、三十路にはかなりの負担でした。
ほぼ日帰りでしたしね。
ただ、行ってよかったと思いました。
学生時代、お金は無かったのですが
環境を利用して色々な所に行けばよかった
と痛感もいたしました。

まあ、過ぎてしまったことなので
これから時間と機会をみつけて
見て回ればいいだけのことですから。

馬ごころ

毎年の事なのかもしれませんが
今年のJRAは話題・出来事がいっぱいです。

ヴィクトワールピサの快挙
快速サクラバクシオーと
逃げて二冠サニーブライアンの死亡
そして、メジロ牧場の解散。

勝負事であれば勝ち負けも当然
達も生き物なので生き死にはもちろんあります。
それぞれに思い出があるので感慨もひとしおです。

バクシンオー現役時は知らないのですが
産駒達との相性が悪く、恨みがあります。
どの馬もみんないい馬たちなんでしょうけども。

サニーブライアンは初ダービー、初勝ち馬券
もうけさせていただきました。
今でもキーホルダーが手元にあります。

産経大阪杯のメジロドーベル、順当でした。
疑って悪かったです。
その罪は、その場で償いました。
外れ馬券てかたちで。
中京競馬場で、一人涙を浮かべていたはずです。

公営競馬上の廃止もあり
以前から馬産環境は悪くなっていました。
メジロは、最近は名前も見かけることが少なくなり
ちょっとは気になっていたところでした。
やはり、名門・老舗と呼ばれるような所でも
好判断で舵を取り続ける事は難しいんだ、と実感しました。

競馬業界の厳しさを垣間見るには
宮本輝著「優駿」がいいかもしれません。
馬産農家、調教師、騎手、馬主、そしてファン?
それぞれの感情が生々しくつづられております。
悪友とこの本の出会いが
今現在の泥沼に導いております。


今回のご案内は、 (株)双葉メディカル 様です。
中央区古町地区にあります。
眼鏡・コンタクトレンズ販売の Clover を展開しています。
自分自身、眼鏡が手放せない身でもありますので
この辺は物欲が刺激されます。
サイレンススズカの快走も
ノーリーズンから武豊の落馬も
眼鏡やコンタクトのおかげで目撃することが出来ました。

ヴィクトワールピサには
これからも頑張ってもらいたいものです

あと、出来れば隔週で十分なので
僕の予想通りにゴールして欲しいです。
来週は馬頭観音にお祈りでもしてきましょうか。
リンクパーツ
フリーエリア
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。