スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書店とネット販売

「ジュンク堂書店新宿店」が3月31日(土)に営業終了です。
ジュンク堂閉店フェア(はてな)

フェア開催中のレポートも。
もうすぐ閉店の新宿「ジュンク堂」がすごい(武田タケ)
フェアのPOPが力強いですね!

直筆の推薦POPを見かけると、ついつい手に取ってしまいます。
書評や帯などで、著名人が推薦文を書かれたりもしていますが
書店員さんが実際に読んで手書きした感想は
購入する際に結構参考にします。

利害に影響されない率直な感想に
書店員さんの読後感がそのまま詰め込まれている
そんな気になってしまうからです。
本屋大賞」なんかはそのものズバリですもんね!
「図書館戦争」や「夜のピクニック」を手に取ったのも
「本屋大賞」のおかげです。

本が売れない、と嘆かれて久しいですが
「Amazon」「楽天ブックス」などのネット通販の拡大に
「電子書籍」の展開と、書店環境は更に厳しい状況です。

確かに便利です、ネット通販。
絶版本とか稀覯本ではない限りは
欲しいものは確実に入手できますし
予約すれば発売日には自宅は移送されます。
沢山そろうと重たくなる本も
電子化すれば持ち運びが楽になりますからね。

ついつい流されてネット通販を利用したくなりますが
書店の本棚をぐるぐる廻りながら
本を眺め手に取る時間が、やはり大好きです
未知の作家でも、あらすじだけ目を通して購入したり
装丁にひかれて「ジャケ買い」することもあります。
勿論、判断ミスを悔やむこともありますが
書店でしか体験できない楽しみ方です。

「自動車」「鉄道」「芸術書」「ミリタリー」など等
書籍に限らず、世の中にはさまざまなジャンルがありますが
ある分野に特化した本屋さんは個性があって面白いです。
便利なネット通販や、取扱い書籍の多いチェーン店よりも
とんがった町の本屋さんにも頑張ってほしいですね。


まずは、自分が頑張らないといけないですけどね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンクパーツ
フリーエリア
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。